コンテンツ
LINK
お役立ちリンク集
事務局カレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
会員メリットを図るための新サービスメニューの創設
 
「退職者共済(基本契約)」と「預託金制度」は、2010年12月31日に廃止され、
 2011年1月1日にあらたなサービスが開始されました。
 
 ①退職者の会や、新たな会員サービスの運営に関わる経費として、
   入会金5,000円の導入
 ②70歳(古稀)・77歳(喜寿)・88歳(米寿)それぞれギフトカードの贈呈
 ③会員ご本人弔慰金 5,000円とし
 
 会員の連帯強化と、相互扶助を図ることを目的に、退職者の会の運動や、自主性
 確立と、会員の福祉増進に寄与する制度として、新たなサービスとして運営して
 います。
 
 以下の事項については、2010年12月31日に廃止されました。
退職者共済の概要

はじめに
 退職者共済は、197591日に発足しました。現在の会員数は約11万名となりました。退職者共済は、会員の連帯強化、相互扶助をはかることを目的としています。退職者共済に加入されますと、金婚、喜寿、その他のお祝い金等が共済金として届けられます。
 会員の皆さんの協力によって、さらに大きく育てていきたいと思います。
 
加入資格と加入手続き
 退職者共済に加入される方は、まず退職者の会に加入することが必要です。加入される場合は、加入申込書を所属の分会もしくは奈良県支部協議会に提出し、預託金50,000円及び奈良県支部協議会年会費(3,500)を納入することにより、退職者の会及び退職者共済の会員になります。
 退職前に納入した場合は、退職日の翌日、また退職後に納入した場合は、その日から会員となります。
 
慶弔共済金
基本契約部分として、つぎの慶弔共済金が支払われます。
 
退職者共済慶弔共済金額表
共 済 種 目
共 済 金 額
金   婚(結婚50年)
10,000円
喜寿(77歳)
10,000円
米寿(88歳)
10,000円
白寿(99歳)
50,000円
本人死亡
10,000円
配偶者死亡
10,000円
 
共済金の請求
       金婚、喜寿、米寿、白寿については、加入申込時に登録されたデータにより、自動的に指定口座へ振り込まれます。請求する必要はありません。
       本人死亡、配偶者死亡の事由が発生した場合は、直ちに奈良県支部協議会(℡ 0742-34-9381)に連絡して下さい。
 
預託金制度
 預託金制度の内容は、次のとおりです。
1.退職者の会加入の際、50,000円を支部協議会に納入します。
2.「預託金証書」が後日、送付されてきます。(退会するとき必要ですので、大切に保管しておいて下さい)
3.預託金の返還
・会員が自然退会(死亡)したとき
・任意に退会したとき
・満80歳を迎えられた年(返還後においても共済金制度は、継続されます。)
 
請求期限(時効)
 火災共済、自然災害共済、生命共済、交通災害共済は2年、慶弔 共済、退職者生命共済は3年で消滅しますので、請求を忘れないよう注意願います。
 
任意共済
退職者生命共済(あいあい)、年金共済(ひろがり)、疾病付生命共済、火災共済(すまいる)、自然災害共済(おまかせ)、交通災害共済(しぐなる)、マイカー共済、自賠責共済、まもるくん、がん・介護共済などについては、「労連共済本部」のホームページをご覧ください。
プリンタ用画面
前
何か役立つ
カテゴリートップ
TOP
次
退職者の会奈良県支部協議会歴代三役名簿一覧